松商、松阪は12日に登場 シード・三重は13日に初戦 高校野球2020秋季東海県大会

2020年9月9日(水) 20:02

200909秋季高校野球県大会

LINEで送る

 来春のセンバツにつながる第73回秋季東海地区高校野球県大会(県高野連主催)の組み合わせ抽選会が8日午後3時から、津市の県生涯学習センターであり、松阪地区3校を含む24校の組み合わせが決まった。試合は12日から、新型コロナウイルス感染症対策で原則無観客で行われる。
 県内7地区の代表校が出場。松阪・牟婁地区からは1位の三重(沖田展男監督)、2位の松阪商(北村祐斗監督)、松阪(森田亮太監督)の松阪地区3校と木本が参戦する。
 松阪市立野町の県営松阪野球場、伊勢市のダイムスタジアム伊勢、四日市市の市営霞ケ浦第一球場の3会場で実施。決勝は伊勢で22日午前11時45分から……続きは本紙で