世界目指し「勝ちに行く」 中学生カートレーサー加藤君

2020年8月27日(木) 20:14

200827カート加藤君

鈴鹿選手権シリーズで1位でゴールする加藤君=鈴鹿市の鈴鹿サーキットで

LINEで送る

 中学生カートレーサーの多気郡多気町立勢和中学校1年・加藤大翔君(12)が16日、鈴鹿市の鈴鹿サーキットであった鈴鹿選手権のジュニアMAX部門で優勝。29、30の両日、岐阜県のフェスティカサーキット瑞浪で開催の世代ごとの日本代表を決める「第17回ROTAX(ロータックス) MAX FESTIVAL」に挑む。「落ち着いてレースしたい。勝つしかないので、勝ちに行く」と意気込む。
 加藤君は5歳からカートを始め、メカニックの父・貴之さん(44)と二人三脚で取り組む。昨年は、小学生ながら中学生年代が中心のシリーズ戦で、全国3位になった。
 出場中のジュニアMAXは、12~17歳を対象に……続きは本紙で