松阪工(弓道)、三重(剣道)、全国へ 県高校総体 個人でも多数が東海出場権

2016年5月30日(月) 20:00

弓道hp

男子団体戦、それぞれが活躍し3年ぶりの優勝を果たした松阪工の選手ら=鈴鹿市の市武道館で

この写真を購入する →

写真No.2016530-962-1

LINEで送る

 第66回県高校総合体育大会(県教育委員会、県高校体育連盟主催)が28日、県内各地で本格開幕し、29日までに大会2日目を終了した。団体戦の松阪勢では、弓道男子の松阪工業(栩原洋監督)と、剣道男子の三重(浜田義克監督)が優勝し全国高校総体(インターハイ、8月・中国地方)出場を決めた。また、個人戦でも多くの選手が全国、東海総体(6月・岐阜県)出場権を獲得した。大会は30日、水泳(6月)、スキー(1月)を除く競技が全て終了する。