揥水が投打に〝絶好調〟 県学童軟式野球松阪支部予選 松阪と共に県大会へ

2020年7月7日(火) 20:07

200707学童野球-優勝-揥水

1位になった揥水の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2020707-9399-1

200707学童野球-準優勝-松阪

2位の松阪の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2020707-9399-2

200707学童野球プレー

決勝戦、打っては三塁打、投げては完封の活躍をした村田投手=いずれも多気町古江の勢和台スポーツセンターで

この写真を購入する →

写真No.2020707-9399-3

LINEで送る

 第22回三重県学童軟式野球大会松阪支部予選(県軟式野球連盟松阪支部主催)の準決勝と決勝が多気郡多気町古江の勢和台スポーツセンターなどであり、揥水野球少年団(澤聡監督)が1位、松阪ファイターズ(角谷和広監督)が2位で県大会(9月5、6日・松阪地区)出場を決めた。
 同支部の8チームがトーナメント戦で順位を競った。1、2位が県大会に進む。6月28日に1回戦を行って、4、5の両日に残りの試合を実施した。
 決勝は揥水と松阪が対戦し、序盤に打線が力を発揮した揥水が、12―0で5回コールド勝ちした。
 揥水は、1回表、2死三塁で4番・林庚太朗君(徳和小・6年)が左前適時打を打ち、1点を先制。さらに満塁から7番・丸林晴人君(揥水小・同)が中越え2点適時二塁打、8番・村田夏成希投手(第四小・同)が右翼線へ2点適時三塁打を放ち、5―0とした。
 2回も……続きは本紙で