明和が育松会杯3連覇 準優勝・山室山も奮闘 松阪地区9チームが出場

2020年7月6日(月) 20:03

200707育松会・プレー

2点目のゴールを決める明和・末利君(右)

この写真を購入する →

写真No.2020706-9397-1

200706育松会・明和

3連覇を達成した明和の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2020706-9397-2

200706育松会・山室山

準優勝の山室山の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2020706-9397-3

200707育松会・表彰

育松会副代表の山下至夕刊三重新聞社長(左)から優勝杯を受ける明和の選手たち=いずれも山下町の市総合運動公園で

この写真を購入する →

写真No.2020706-9397-4

LINEで送る

 第7回育松会杯松阪市少年サッカー大会(育松会主催、市サッカー協会主管、夕刊三重新聞社後援)が5日、山下町の市総合運動公園であり、明和FC(市野博史監督)が3連覇した。決勝では山室山FC(藤川公造監督)と対戦し、鋭い攻めで効果的に得点を重ね、4―0で勝利した。山室山もテクニックを駆使して健闘した。

 次代を担う子供たちの健全育成を目的に活動する松阪市の団体・育松会(代表=志田幸雄桜木記念病院理事長)が主催する。例年4月に開催しているが、今年は新型コロナウイルスの影響で、この日に延期。開会式を行わないなど「密」を避けて開いた。松阪地区の9チームが出場し、3ブロックに分かれてリーグ戦後、上位の4チームによるトーナメントを行った。
 決勝で明和は……続きは本紙で