松阪市長杯 新設の2競技を実施 サッカー市少年大会U12 初代王者は松ケ崎

2016年5月16日(月) 20:00

市長杯サッカーhp

決勝戦、決勝ゴールを決める松ケ崎・杉谷君(右)=山下町の市総合運動公園で

この写真を購入する →

写真No.2016516-891-1

LINEで送る

 「松阪市長杯」の名を冠して本年度新設された少年サッカー、ゲートボールの大会(市、市教育委員会主催)が14、15の両日開催された。第1回松阪市長杯市少年サッカー大会U12は両日、山下町の市総合運動公園で開催。第1回松阪市長杯ゲートボール大会は14日、西野々町の松阪地区広域衛生センターで開かれた。

 

 サッカー大会には、市サッカー協会少年部に加盟する市内と多気郡の計13チームが参加。松ケ崎FC(市原綾人監督)が優勝を果たした。

 またゲートボールは36チーム、220人が参加し、各チーム4試合を行い、合計の勝敗数、得失点差などで優勝を争った。