ろう野球で日本代表に 松阪商の松山投手と市職員の大西選手

2020年3月31日(火) 20:15

200330ろう野球松山君

高校生で唯一選ばれた松山投手

200331ろう野球大西さん

紅白戦でプレーする大西さん=いずれも静岡県で

LINEで送る

 県立松阪商業高校野球部の松山心投手(2年)と、松阪市職員の大西唯斗選手(24)がこのほど、日本ろう野球協会の日本代表12人に選ばれた。今年8月に韓国で世界大会が行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止に。松山投手は「大会がなくなって複雑な気持ちだけど、選ばれてうれしかった。自信になる」、大西さんは「自分の実力を試したかった。選ばれてびっくりした」と思いを伝えている。

 松山投手は、昨秋県ベスト4の松阪商で、伸びのある直球とピンチでも動じない精神力を持ち味に、主力投手として活躍する。代表では唯一の高校生。
 生まれつき左耳が聞こえず、右も少ししか聞き取れない。授業ではノートを取ってもらうサポートを受けている。
 大西選手は高校時代、県立相可高校で外野手として主軸を担い、現在は市役所や聴覚障害者チームでプレーする。生まれつき両耳が聞こえない。
 世界大会は……続きは本紙で