退職後の楽しみに夢中 ボウリング ブーム世代のシニアたち

2020年3月23日(月) 20:27

200323シニアがボウリング

職後のボウリングに夢中になる(左から)秩父さん、中林さん、柴澤さん、天野さんたち高齢者=大黒田町のサンパークレーンで

この写真を購入する →

写真No.2020323-8786-1

LINEで送る

 松阪市大黒田町のボウリング場・サンパークレーンには毎日、常連だけで40人ほどの高齢者がボールを投げに来る。約50年前のブームの真っただ中にいた世代が、退職後の楽しみや健康に、交友の輪をつくって夢中になっている。
 平日の午前、70、80代の男女が、ゆっくりとした動きから、力強いボールを投げる。席に戻ると、同年代が笑顔を向けてたたえる。レーンの空きは所々。多くを高齢者が占める。
 同レーンによると、普段から主に午前を中心に教室生やクラブ員などを含め、多くのシニア層でにぎわっているという。
 1970(昭和45)年前後のブーム時……続きは本紙で