三重Aが準Vで中日本へ 県高校弓道冬季大会女子 松阪Aは3位

2020年1月22日(水) 20:34

200122弓道・集合

準優勝した三重Aの選手たち

この写真を購入する →

写真No.2020122-8437-1

200122弓道・囲み

的を狙う九鬼選手=いずれも鈴鹿市の市武道館弓道場で

この写真を購入する →

写真No.2020122-8437-2

LINEで送る

 令和元年度三重県高校弓道冬季大会(県弓道連盟主催)の女子団体戦と個人戦が19日、鈴鹿市の市武道館弓道場であり、三重A(太田光則監督)が準優勝し、中日本大会(3月・岐阜県)への進出を決めた。松阪A(岡知佐監督)も3位に入った。男子は26日に同所で行われる。
 団体は5人が4射ずつ計20射し、的中数で競う。予選の上位16校が決勝に進む。決勝はトーナメント方式で優勝を争った。上位2校は中日本大会に進出する。個人も予選は4射行い、3中以上の選手が決勝に進む。決勝は1射ずつ勝ち残っていく射詰で行った。
 団体は34校が出場。三重Aは昨年12月の全国選抜とは異なる川上紗穂選手(2年)、堀内くるみ選手(同)、九鬼穂佳選手(同)、梅村美香選手(同)、鍋島奈津実選手(同)の布陣で……続きは本紙で