嬉野が女子団体を制す 県中学新人 男子は準V

2020年1月15日(水) 20:09

200115中学剣道・県新人戦_プレー

男子個人で準優勝した田川選手

この写真を購入する →

写真No.2020115-8398-1

200115中学剣道・県新人戦_女子集合

女子で優勝した嬉野の皆さん

この写真を購入する →

写真No.2020115-8398-2

200115中学剣道・県新人戦_男子集合

男子で準優勝した嬉野の皆さん=いずれも明和町坂本の町総合体育館で

この写真を購入する →

写真No.2020115-8398-3

LINEで送る

 令和元年度第31回三重県中学校新人剣道大会が11、12の両日、多気郡明和町坂本の町総合体育館で行われ、女子団体で嬉野(山口銀次監督)が優勝。男子は団体で嬉野(同監督)、個人で田川陽月選手(嬉野・1年)が準優勝した。
 県内から男子に個人128人、団体50校、女子に個人118人、団体43校が参戦し、トーナメントで優勝を争った。団体のみ上位8校が2月の県選抜錬成大会に出場できる。
 女子団体の決勝は嬉野と東観(津市)が対戦。勝者数で並んだが総本数で1本多かった嬉野が優勝を決めた。
 嬉野は先鋒(せんぽう)・奥村優藍選手(2年)、次鋒・粕谷実来選手(同)、中堅・稲垣佳芳選手(同)、副将・田中早絵選手(同)、大将・髙山遥香主将(同)で臨んだ。先に勝ちを……続きは本紙で