伊藤選手が準V アジア・オセアニア選手権 近代4種ユース男女混合リレー

2019年12月4日(水) 20:22

191204近代4種、アジア準Vの伊藤君

近代4種のアジア大会・男女リレーで準優勝した伊藤選手=外五曲町の夕刊三重新聞社で

LINEで送る

 松阪市市場庄町の伊藤遼貴選手(海星高校・1年)がこのほど、中国・武漢であった近代4種(水泳、ラン、射撃、フェンシング)のアジア・オセアニア選手権のユース部門・男女混合リレーの部で準優勝。男子リレーでは4位、個人では5位入賞する活躍を見せた。

 

 伊藤選手は水泳を5歳で、小3からフェンシングを始めた。三雲中時代には陸上部に所属。フェンシング協会の人の勧めで、中学2年で近代3種のブロック大会に出場し優勝した。その年の9月に近代4種のアジア・オセアニア大会に、昨年4月にはポルトガルであったユース世界選手権にも出場した。
 今回は近代4種の記録会や大会など規定の大会で上位の成績を残したので、男女各2人のユース世代の日本代表に選出された。
 リレーは2人1組で各種目を半分ずつ実施。男女混合リレーは北海道の小学6年生と……続きは本紙で