BEEING初優勝 ミニバスのサンアリーナ杯東海大会選考会 接戦制し初めての東海に

2019年11月26日(火) 20:08

常磐西戦、ゴールを決めるBEEING・中村君

常磐西戦、ゴールを決めるBEEING・中村君

この写真を購入する →

写真No.20191126-8137-1

191125BEEING集合

初優勝で東海行きを決めたBEEINGの選手たち=いずれも伊勢市の県営サンアリーナで

LINEで送る

 小学生ミニバスケットボールのサンアリーナカップ第38回東海大会選考会(三重県バスケットボール協会主催)が23、24の両日、伊勢市の県営サンアリーナであり、男子で松阪BEEING(尾崎良妹監督)が初優勝で初めての東海大会(12月・愛知県)出場を決めた。

 

 男子69チーム、女子62チームが出場。10月から、前期リーグの結果を元に、M1〜M4部に分かれ、上位リーグは各部2ブロックずつでリーグ戦を行ってきた。両日は上位の最終日程と、各部の順位決定戦を行った。男女とも上位4チームが東海大会に進む。
 BEEINGは23日のM1部リーグAの最終戦で、前期リーグ準優勝の常磐西ミニバスケットボールクラブ(三泗地区)に勝って1位に。翌24日の同リーグB1位の多度ブレイカーズミニバスケットボールクラブスポーツ少年団(桑員地区)との優勝決定戦にも勝利した。
 うち、勝てば東海進出が決まる常磐西との試合は、残り2秒で逆転し、32―31の……続きは本紙で