おそ松が年度2冠 社会人ソフトのパワーリーグ

2019年11月20日(水) 20:16

優勝したおそ松の選手たち

優勝したおそ松の選手たち

この写真を購入する →

写真No.20191120-8099-1

191120パワーリーグ永富投手

終盤を無失点に抑えた永富投手=いずれも桂瀬町の市ソフトボール場で

この写真を購入する →

写真No.20191120-8099-2

LINEで送る

 社会人ソフトボールのパワーリーグ(神冨美雄会長)主催の2019年度トーナメント戦が17日、松阪市桂瀬町の市ソフトボール場などであり、本年度リーグ戦1位のおそ松(水本勝也監督)が優勝し、リーグ、トーナメントの2冠を達成した。2位はレンジャーズ(中川達也監督)だった。
 リーグ戦に参加した17チームが上位9チーム、下位8チームに分かれてそれぞれトーナメント戦で優勝を争った。
 上位トーナメントの決勝は、おそ松がレンジャーズに逆転で7―5で勝った。
 おそ松は0―5の3回裏、無死一、二塁から3番・岡田渉選手の左翼線への適時二塁打で1点を返した。さらにバッテリーミスと5番・藤岡万里夢選手の右中間への2点適時三塁打などで同点に追い付いた。
 4回には、1死二塁から4番・川北道也選手の当たりで相手守備にミスが相次ぎ、川北選手まで生還して2点を勝ち越した。
 投げては4回から登板の2番手右腕・永富智里投手が……続きは本紙で