3年連続で男女とも県優勝 松阪勢2校が春高バレー出場へ

2019年11月18日(月) 20:13

191118高校バレー男子

男子の部、1セットも落とすことなく優勝を決めた松阪工の選手たち

この写真を購入する →

写真No.20191118-8087-1

191118高校バレー女子

女子の部、接戦を制して優勝を喜ぶ三重の選手たち=いずれも津市の安濃中央総合公園体育館で

この写真を購入する →

写真No.20191118-8087-2

LINEで送る

 〝春の高校バレー〞予選の三重県高校バレーボール選手権大会兼第72回全日本バレーボール高校選手権大会三重県代表決定戦(県バレーボール協会など主催)の男女決勝戦が16日、津市の安濃中央総合公園体育館であり、男子の部で松阪市殿町の県立松阪工業高校(橋本雅司監督)が5連覇、女子の部で久保町の私立三重高校(郎監督)が3連覇し、3年連続で男女そろって松阪勢が全国大会出場を決めた。 本年度、県大会で1セットも落とさず勝ち進んできた松阪工は男子の部決勝で津工業と対戦。序盤から持ち味の……続きは本紙で