青木・森組が東海3位 中学総体ソフトテニス男子個人

2019年8月13日(火) 20:18

190813中学総体ソフトテニス・プレー

東海3位で全国出場を決めた青木(後ろ)・森組

この写真を購入する →

写真No.2019813-7501-1

LINEで送る

 第41回東海中学校総合体育大会(東海中学校体育連盟主催)ソフトテニス大会が8、9の両日、四日市市の四日市ドームであり、男子個人で西の青木吟斗(2年)・森煌大(同)組が3位で全国大会(20〜22日・京都府)出場を決めた。

 

 男女団体戦、個人戦を行った。男女とも団体は16校によるトーナメント戦、個人はダブルス32組が4組ずつ8リーグに分かれて予選リーグを行った後、1位の組による決勝トーナメントで優勝を争った。団体は上位3校、個人は7組が全国に進む。
 松阪地区からは男子団体で明和(濱田学監督)、同個人で青木・森組の他、中部の林伽成(1年)・長谷川陸翔(3年)組、明和の須賀隆登(同)・山本侑矢(同)組、中部の平井琉琶(同)・朝倉嵩貴(同)組の計4組が出場した。
 県5位で東海大会に進んだ青木・森組は……続きは本紙で