鈴木君ら大会新 松阪陸上選手権 市内外の1481人出場

2019年8月6日(火) 20:09

190806松阪陸上・鈴木君

男子800㍍、大会新で優勝した鈴木君

この写真を購入する →

写真No.2019806-7460-1

190806松阪陸上・大東君

棒高跳びで4㍍を跳び1位になった大東君=いずれも伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢で

この写真を購入する →

写真No.2019806-7460-2

LINEで送る

 第14回松阪陸上競技選手権大会( 松阪地区陸上競技協会など主催) が4日、伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢(三重県営総合競技場)の補助競技場であり、第46回全日本中学校陸上競技選手権大会(全中)
(8月21〜24日・大阪市)に出場する松阪地区の選手5人も出場し、それぞれパフォーマンスを発揮し弾みを付けた。

 

 大会は松阪市や伊勢市などの小学生から一般まで男子905人、女子576人の計1481人が出場した。
 うち、既に全中の参加標準記録を達成している6人のうち、▼男子800㍍、1500㍍の鈴木千翔君(久保・3年)▼同棒高跳びの大東伊澄君(多気・同)▼同砲丸投げのオソリオユウキ君(殿町・2年)▼女子200㍍の中川真友さん(明和・同)▼同砲丸投げの坂山成さん(多気・同)――の5人も出場した。
 今大会、鈴木君は中学男子800㍍で、2位以下を大きく引き離す2分1秒95の大会新記録で優勝。同1500㍍でも頂点に立った。全中に向けては「出場……続きは本紙で