久保が男子で準優勝 県中学総体バレーボール

2019年8月5日(月) 20:39

190805中学バレー・男子久保

男子決勝、アタックを放つ男子久保・渡邊君

この写真を購入する →

写真No.2019805-7453-1

190805中学バレー・嬉野

男子順位決定戦、嬉野は上岡君(左)たち多彩なアタッカー陣が加点した

この写真を購入する →

写真No.2019805-7453-2

190805中学バレー・女子久保

女子順位決定戦、攻撃を引っ張った女子久保・恒川さん=いずれも伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢体育館で

この写真を購入する →

写真No.2019805-7453-3

190805中学バレー中村君

決勝戦、試合終盤、得点を喜ぶ久保・中村君

この写真を購入する →

写真No.2019805-7453-4

LINEで送る

 県中学校総合体育大会バレーボール大会(県中学校体育連盟など主催)が7月30、31の両日、伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢であり、男子で久保(藤田則子監督)が準優勝、嬉野(金児健吾監督)が4位、女子で久保(天白椋監督)が3位に入り、それぞれ東海大会(8月9、10日・同所)出場を決めた。
 男女ともに各地区の代表16校によるトーナメント戦で優勝を争った。ベスト4が東海大会に進む。松阪地区からは男女計6チーム中、3チームが東海に進出した。
 男子では6月の県大会を制し王者として臨んだ久保だったが、決勝で朝明(四日市市)に0―2で敗れた。
 久保はセンター・木屋彪太主将(3年)、セッター・中村颯之介君(同)、レフト・荒木太智君(同)、同・渡邊将君(同)、ライト・大島想楽君(同)、センター・青木雲嗣君(2年)が先発。荒木君、渡邊君の両エースを中心に加点し、序盤は接戦を演じたが、徐々に……続きは本紙で