剣道・団体男子で嬉野V 松阪地区中学総体

2019年7月23日(火) 20:22

190723中学総体剣道・男子プレー

個人で優勝し、団体でも1位になったチームを引っ張った嬉野・丸山人輝主将

この写真を購入する →

写真No.2019723-7353-1

190723中学総体剣道・女子プレー

女子個人を制し、団体優勝にも貢献した大台・遠藤さん

この写真を購入する →

写真No.2019723-7353-2

190723中学総体剣道・集合

団体優勝の女子大台と男子嬉野の選手たち=いずれも多気町相可の農業者トレーニングセンターで

この写真を購入する →

写真No.2019723-7353-3

LINEで送る

 松阪地区中学校総合体育大会が多気郡多気町相可の農業者トレーニングセンターなどで熱戦が繰り広げられている。剣道は団体男子で嬉野(山口銀次監督)、同女子は大台(谷口工貴監督)が1位になった。個人は男子を丸山人輝君(嬉野・3年)、女子は遠藤美咲さん(大台・同)が制した。サッカーは明和(加藤翔太監督)が優勝するなど、各校が健闘した。6日から始まり、10月まで12種目を行う。

 

 剣道は男女別に5人制の団体戦と個人戦を行った。団体は男女とも11校、個人は男子に76、女子に63人が出た。それぞれトーナメント戦を行い、男子で団体6校、個人8人、女子は団体8校、個人10人が県大会(26、27日・亀山市西野公園体育館)へ進む。
 男子団体決勝では、嬉野が三雲(小原裕志監督)に、3勝2分けで勝った。決勝戦、嬉野は先鋒(せんぽう)・小谷侑矢君(2年)、次鋒・熊谷海里君(同)、中堅・村上悠介君(3年)、副将・丸山士雄君(2年)、大将・丸山人輝主将のメンバーで臨んだ。小谷君が面、村上君が面2本、丸山士雄君が小手と面を……続きは本紙で