中川が大会を制す 夕刊三重杯小学生バレー 準優勝は徳和、3位は大台

2019年7月17日(水) 20:00

190717夕刊三重バレー・プレー

高身長を生かし、攻守で活躍した市川さん(左)と田原君(右)の鉄壁のブロック

この写真を購入する →

写真No.2019717-7304-1

190717プレミアム1位_中川

1位になった中川の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2019717-7304-2

190717プレミアム2位_徳和

2位の徳和の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2019717-7304-3

190717プレミアム3位_大台

3位の大台の選手たち=いずれも嬉野堀之内町の豊地小で

この写真を購入する →

写真No.2019717-7304-4

190717チャレンジ1位_豊地

チャレンジトーナメント1位の豊地の選手たち=嬉野宮野町の旧中郷小で

この写真を購入する →

写真No.2019717-7304-5

LINEで送る

 第20回夕刊三重新聞社杯争奪松阪地区小学生バレーボール選手権大会(夕刊三重新聞社、松阪市バレーボール協会主催)が14日、松阪市嬉野堀之内町の市立豊地小学校などであり、中川バレーボールスポーツ少年団(安保登監督)が優勝し、夕刊三重杯を手にした。準優勝は徳和ジュニアバレーボールクラブ(林数馬監督)、3位は大台ブルーリバーバレーボールクラブ(中川直和監督)だった。また、チャレンジトーナメントは豊地バレーボールスポーツ少年団(森正樹監督)が制した。

 

12チームが出場。3チームずつ4ブロックに分かれて予選後、上位6チームの「プレミアム」と「チャレンジ」に分かれて決勝トーナメントを行った。
 プレミアム決勝トーナメントの決勝戦は中川と徳和が激突。強烈なアタックやサーブ、ブロックの激しい応酬の……続きは本紙で