玉井選手が優勝に貢献 太陽生命女子セブンズ東京大会 15人制の日本代表候補にも

2019年5月27日(月) 20:03

190527ラグビー玉井選手

東京大会、4試合でフル出場し、チームを支えた玉井選手=東京都の秩父宮ラグビー場で

LINEで送る

 県立松阪高校出身で女子ラグビー選手の玉井希絵選手(26)=松阪市虹が丘町出身=が所属する「PEARLS(パールズ)」が18、19の両日、東京都で行われた女子7人制ラグビー最高峰リーグ・太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2019第2戦東京大会で優勝した。玉井選手は同大会で全6試合に出場。うち4試合でフル出場し、優勝に大きく貢献した。また玉井選手は女子15人制ラグビーの日本代表候補にも選ばれており、現在、千葉県で行われている強化合宿にも参加している。玉井選手は「上を目指して頑張りたい」と話している。
 松阪高校時代はバスケットボールにいそしんだ玉井選手は、引退後に同校ラグビー部顧問から進められ、日本代表候補を選出するトライアウトに挑戦し、ラグビーの道を進み始めた。関西学院大学時代には男子ラグビー部と一緒に練習するなどして技術を磨き、卒業後にパールズに入団した。そこでも強豪選手らと……続きは本紙で