武田選手が念願の初優勝 オフロードバイク国際Aクラス 全日本トライアル選手権第2戦で

2019年5月15日(水) 20:56

190515武田選手が初優勝

国際Aクラスシリーズ戦で念願の初優勝を喜ぶ武田選手=度会町の南伊勢高度会校舎で

190515武田選手が初優勝2

オートバイで大きな岩を登るセクションに挑む=宮崎県えびの市で

LINEで送る

 オートバイのトライアル競技ライダーの県立南伊勢高校3年・武田呼人(よひと)選手(17)=多気郡多気町相可台、VERTIGO with MITANI所属=が、12日に宮崎県えびの市で行われた国際A級の全日本トライアル選手権シリーズ第2戦で、念願の初優勝を果たした。武田選手は8月には単身で渡欧し、〝武者修行〞も計画しており「もっとうまくなって、残り全部の試合に勝ってシリーズチャンピオンを目指したい」と意気込んでいる。

 

 トライアル競技は、専用のオフロードバイクを駆り、自然地形や人工障害物を設けたコースで、採点区間(セクション)をいかに減点されることなく走り抜けられるかを競う。スピードより、バランス力や耐久性などを競う競技で、足が地に付いたり、バイクから降りてしまうと減点される。また持ち時間を超えても減点対象。
 9歳から自転車トライアルを始めた武田選手は、2013(平成25)年には世界……続きは本紙で