松江エンジェルズが準優勝 オーシャン杯小学生ソフトボール大会 中原スポ少は3位入賞

2019年3月5日(火) 20:01

オーシャン杯プレー

5試合を投げ抜いた松江・結城投手

この写真を購入する →

写真No.2019305-6455-1

オーシャン杯・準優勝の松江

準優勝した松江の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2019305-6455-2

オーシャン杯・3位の中原

3位の中原の選手たち=いずれも山下町の市総合運動公園で

この写真を購入する →

写真No.2019305-6455-3

LINEで送る

 県内外からチームが集う第8回松鈴旗兼第5回オーシャンカップ争奪小学生ソフトボール大会(松阪市ソフトボール連盟主催、夕刊三重新聞社など後援)が2、3の両日、山下町の市総合運動公園などであり、松阪地区では松江エンジェルズ(奥田雅基監督)が準優勝。3位に中原ソフトボールスポーツ少年団(知花宏尚監督)が入った。

 

 松阪地区14チームの他、福井県、愛知県など県内外から計32チームが出場。1日目と2日目でチームを入れ替えて4チームずつ8ブロックに分かれて試合を行い、各チーム両日計5試合の通算成績で順位を決めた。
 松江、中原、山室山ソフトボールクラブ(畑中匡志監督)、第五小ビーナス(阪口勇一郎監督)の松阪地区4チームと桜林スポーツ少年団(愛知県)の計5チームが全勝で並び失点、得点の順で順位付け。得点で上回った桜林に……続きは本紙で