天白少年団が初優勝 バレーボールオーシャンフレッシュ大会 準優勝は豊地少年団

2019年2月19日(火) 20:00

小学バレー_オーシャン杯・プレー

決勝戦、粘り強くボールをつなげ熱戦を展開する天白と豊地の選手たち=多気町相可の多気トレーニングセンターで

この写真を購入する →

写真No.2019219-6391-1

LINEで送る

 小学4年生以下のバレーボール大会「2018(平成30)年度オーシャンフレッシュ大会」(県小学生バレーボール連盟松阪支部主催)が17日、多気郡多気町相可の多気トレーニングセンターであり、天白スポーツ少年団(金児章吾監督)が初優勝、豊地バレーボールスポーツ少年団(森正樹監督)が準優勝した。

 

 同大会は4年生以下の選手に試合経験を積んでもらうことなどを目的に毎年開催。今大会は同支部から8チームが参戦し、2ブロックに分かれて予選リーグ戦と、各ブロック上位2チームでプレミアムトーナメント、下位2チームでチャレンジトーナメントを行った。
 プレミアムトーナメント決勝戦、豊地と対戦した天白は第1セット、序盤からセンター・小林虹香さん(米ノ庄小・4年)のサーブから主導権を……続きは本紙で