松阪市が市の部で7位 美し国市町対抗駅伝 3区・澤井さんが区間新

2019年2月18日(月) 20:00

美し国駅伝たすき

昨年の自身の記録を塗り替える区間新でたすきをつなげる澤井さん(右)=津市で

この写真を購入する →

写真No.2019218-6383-1

美し国駅伝・松阪集合

市の部7位入賞した松阪市の選手たち=伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢で

この写真を購入する →

写真No.2019218-6383-2

LINEで送る

 第12回美(うま)し国三重市町対抗駅伝(同実行委員会主催)が17日、津市の県庁前から伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢(県営総合競技場)までの10区間、42・195キロで開かれた。松阪地区では、松阪市(中川浩昭監督)が市の部で7位(総合9位)入賞。町の部では多気町(逵一弘監督)が5位(総合16位)、明和町(下村真也監督)が8位(同20位)でそれぞれ入賞。大台町(中道剛士監督)は13位(同27位)だった。

 

 県内全14市15町の代表チームと、オープン6チームの計35チームが出場した。
 昨年、市の部で8位(同9位)の松阪市は、一昨年、昨年と区間新を出している澤井風月さん(嬉野中・2年)が3区(中学生女子、3・83キロ)で昨年自身が樹立した12分52を27秒も更新する12分25秒で、今大会唯一の区間新記録で好走し、6人抜きで……続きは本紙で