嬉野連盟Aが小学生高学年の部で2連覇 県少年嬉野大会 中学女子では大台剣友会V

2019年2月13日(水) 20:00

嬉野剣道・試合

小学生校高学年決勝、副将戦で果敢に攻める野口さん

この写真を購入する →

写真No.2019213-6359-1

嬉野剣道01小学高学年

2年連続で小学生高学年の部を制した嬉野剣道連盟Aの選手たち

この写真を購入する →

写真No.2019213-6359-2

嬉野剣道02中学女子

中学女子で優勝した大台剣友会の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2019213-6359-3

嬉野剣道03中学男子・小学低学年

中学男子、小学低学年で準優勝した嬉野剣道連盟Aの選手たち=いずれも下之庄町の嬉野中で

この写真を購入する →

写真No.2019213-6359-4

LINEで送る

 嬉野剣道連盟(加藤宗信会長)が主催する県最大規模の団体戦大会「中納淳先生八段昇段記念 第39回三重県少年剣道嬉野大会」は11日、松阪市嬉野下之庄町の市立嬉野中学校であり、県内の147チーム約750人の剣士らが白熱した試合を展開した。松阪地区では小学生高学年の部で同連盟A(阪井耀監督)が2連覇。中学生女子の部で大台剣友会(砂田幸佑監督)が優勝した。また小学生低学年の部、中学生男子の部で嬉野剣道連盟A(小学生低学年=中島悠斗監督、中学生男子=山口銀次監督)が、それぞれ準優勝した。

 

 大会は1981(昭和56)年に中勢地区嬉野大会として第1回を開催。85(同60)年に県内全域に呼び掛け、現在では毎年千人近い小、中学生が参加する県最大級の大会となっている。また今回は県内6人目の剣道最高段位8段になった中納淳さん(57)の……続きは本紙で