女子・三重が6連覇 県高校バレーボール新人大会 男子・松工も共に東海へ

2019年2月12日(火) 20:00

高校バレー女子

女子決勝戦、力強い攻撃をしかける三重・柏端選手=豊原町の松阪商で

この写真を購入する →

写真No.2019212-6350-1

高校バレー男子

多彩な攻撃の一翼を担った松阪工・古御門選手=殿町の松阪工で

この写真を購入する →

写真No.2019212-6350-2

LINEで送る

 2018(平成30)年度県高校バレーボール新人大会兼東海高校バレーボール選抜大会県予選(県高校体育連盟バレーボール専門部主催)が9、10の両日、松阪市久保町の私立三重高校などであり、女子の部で三重(中村純一郎監督)が6連覇、男子の部で松阪工業(橋本雅司監督)が3年ぶりの優勝で、共に東海大会(3月16、17日・岐阜県)への出場を決めた。

 

 女子に41校、男子に36校が参戦。トーナメント戦で優勝を争った。共に上位4校が東海大会に進む。
 女子は全試合ストレートで勝ち上がった三重は決勝で津商業と対戦。ブロックから好レシーブで粘り強く拾い、セット数2ー0で勝利した。
 三重のスターティングメンバーは……続きは本紙で