松工がVと準V独占 県高校弓道冬季大会男子団体 中日本大会への出場権獲得

2019年2月4日(月) 20:00

弓道冬季大会

男子の部で上位入賞した松工の選手ら=殿町の松阪工業高校で

この写真を購入する →

写真No.2019204-6318-1

LINEで送る

 平成30年度三重県高校弓道冬季大会(県弓道連盟主催)がこのほど鈴鹿市の市武道館弓道場であり、男子の部団体で松阪工業(栩原洋監督)Bが優勝、同Aが準優勝し、昨年に続き上位を独占しそれぞれ中日本大会(3月・岐阜県)への出場権を得た。また同個人戦では辻慎矢選手(松阪工・2年)が優勝し、畑竜成選手(同・同)が準優勝。3位に伊藤龍斗選手(三重・1年)が入るなど松阪勢が活躍した。
 同大会は2日間の日程で、男女別に団体戦、個人戦を実施。団体戦は5人1組で各自4射し、的中上位16チームが決勝トーナメントに進出し、優勝を争った。個人戦は3中以上の選手らで射詰め競射を行った。団体戦の上位2チームは中日本大会に出場する。
 44チームがエントリーした男子団体戦、松阪工Bは……続きは本紙で