女子・勢和が準決勝へ 会長杯争奪全国ミニバスケットボール大会県予選 男女共に50チームが出場

2019年1月22日(火) 20:00

ミニバス会長杯

準々決勝、ドリブルシュートで得点を重ねた勢和・北川さん=伊勢市の県営サンアリーナで

この写真を購入する →

写真No.2019122-6262-1

LINEで送る

 全国出場が懸かる第43回会長杯争奪全国ミニバスケットボール大会県予選(県バスケットボール協会主催)の3日目が20日、伊勢市の県営サンアリーナなどであり、女子の勢和ペガサス(山本政美監督)が準決勝に進出した。

 

 男女両部門に、昨年11月の東海大会選考会ベスト8以上のチームと地区予選を勝ち抜いた計50チームずつが出場した。トーナメント戦を行い、優勝チームが全国大会(群馬県高崎市・3月)に進む。松阪地区からは女子5、男子4チームが参戦し、女子の部第1シードの勢和は3日目から登場した。勢和以外のチームはこの日までに敗れた。
 3日目は4回戦と準々決勝を行った。勢和は初戦で稲生フラッフィーラビッツ(鈴鹿市)に62ー19で快勝し、2戦目は修成ミニバスケットボールクラブ(津市)との接戦を26ー22で……続きは本紙で