松尾ブルーウインズが準優勝 松阪ベルカップ争奪学童軟式野球大会 決勝は引き分け抽選で

2019年1月15日(火) 20:47

190115ベルカップ集合写真

準優勝した松尾ブルーウインズの選手たち

この写真を購入する →

写真No.2019115-6213-1

190115ベルカップ・プレー

準決勝3回、三塁打を放ち同点の生還を果たした松尾・加古君=いずれも立野町の県営松阪野球場で

この写真を購入する →

写真No.2019115-6213-2

LINEで送る

 第14回松阪ベルカップ争奪学童軟式野球大会(同大会実行委員会主催、夕刊三重新聞社など後援)が12、13の両日、松阪市立野町の県営松阪野球場などであり、松阪勢では松尾ブルーウインズ(平本直司監督)が7年ぶりに決勝に進出。決勝は0―0で引き分け、抽選で栗葉少年野球部(津支部)に惜しくも敗れたが準優勝した。

 同大会は新チームを対象とした新人戦。5年生以下の選手による県内の31チームが参戦し、2日間の日程でトーナメント戦などで、優勝を争った。
 順調に勝ち進んだ松尾は準決勝で神戸フェニックス(鈴鹿市)と対戦。初回に2点を許しリードされたが逆転に成功し、6―2で勝利した。
 松尾は0―2で迎えた3回裏、先頭の……続きは本紙で