FC松阪が南勢病院杯V Uー14 松阪地区の12チームが出場

2018年11月6日(火) 20:00

サッカー南勢病院杯プレー

決勝戦、激しい競り合いを見せるFC松阪と明和中の選手ら

この写真を購入する →

写真No.20181106-5930-1

サッカー南勢病院杯_優勝

優勝したFC松阪の選手ら=いずれも山下町の市総合運動公園で

この写真を購入する →

写真No.20181106-5930-2

LINEで送る

 第51回南勢病院杯(Uー14)サッカー大会(松阪市サッカー協会主催)が3、4の両日、松阪市山下町の市総合運動公園であり、FC松阪(児玉満也代表)が優勝した。
 同大会には松阪地区の12チームが参戦。3ブロックに分かれてのリーグ戦と、各リーグ上位チーム計8チームによる決勝トーナメントで優勝を争った。
 各試合いずれも無失点で勝ち上がったFC松阪は、決勝で明和中(加藤翔太監督)と対戦し、3ー0で優勝を決めた。
 立ち上がりからペースをつかんだ松阪は、前半8分ほどでサイドバック・マッケンタイヤー・里阿武君(一志中・2年)がロングシュートを決めて先制。同15分には右サイドからFW・有馬浩志君(橋南中・同)がミドルシュートを放って2点目を挙げた。
 後半戦も松阪がペースを……続きは本紙で