国際マスターズ陸上60メートルと200メートルで準優勝 中町の森田さん M55で100メートルは3位

2018年11月6日(火) 20:01

マスターズ準優勝

国際大会で3種目のメダルを手にした森田選手=中町で

この写真を購入する →

写真No.20181106-5928-1

LINEで送る

 2018国際ゴールドマスターズ奈良大会陸上競技(国際マスターズ競技連合主催)がこのほど、奈良市のならでんフィールド(鴻ノ池陸上競技場)であり、松阪市中町の森田亨選手(59)が、M55(55〜59歳)の60メートルと200メートルで準優勝、100メートルで3位入賞した。
 マスターズ陸上競技は18歳以上の選手が出場。5歳刻みの年齢、男女別に競技を行う。ゴールドマスターズは5年に1度の大会で、35歳以上の国内外の選手が出場し、男子28種目、女子25種目で年齢別に実施した。
 中町の茶道具店・ギャラリー森田代表の森田選手は50歳になる年に短距離を開始し、これまでに国内外の大会で上位入賞を果たすなど活躍している。
 2度目の参加となった森田選手。今シーズンはけがも……続きは本紙で