決勝は三重無念 秋季東海地区高校野球三重県大会 20日からの東海向け調整へ

2018年10月3日(水) 20:00

高校野球県大会・決勝

2番手として好投した三重・山下投手=四日市市の市営霞ケ浦球場で

この写真を購入する →

写真No.20181003-5792-1

LINEで送る

 来年3月の「春のセンバツ」第91回選抜高校野球大会につながる第71回秋季東海地区高校野球県大会(県高校野球連盟主催)の決勝が3日、四日市市の市営霞ケ浦球場であり、三重(小島紳監督)は菰野に0ー10で5回コールド負けした。三重は9日に名古屋市で実施の抽選会後、20日から県内各球場で行われる東海大会に臨む。

 

 三重は立ち上がりに大量失点を喫し、相手好投手の前に打線も沈黙したまま敗れた。
 三重は1回表、満塁本塁打を含む5安打を浴びて7失点。1死一、三塁から適時打で先制を許すと、相手打線を止められずさらに失点し……続きは本紙で