上山選手が世界大会へ U20陸上競技選手権 200メートルと4×100メートルリレー出場

2018年7月10日(火) 20:00

上山君がU20世界大会へ

世界選手権に挑む上山選手=大阪府東大阪市の近畿大学東大阪キャンパスで

LINEで送る

 松阪市立西中学校出身で近畿大学1年の上山紘輝選手が、10日からフィンランド・タンペレで行われる第17回U20世界陸上競技選手権大会の200メートルと、4×100メートルリレーで日本代表選手として出場する。

 

 上山選手は小学生時代からチームG松陸(竹内昭剛監督)に所属し、6年時にはリレー種目で全国出場を果した。アンカーをしていた上山選手について、竹内監督は「非常に柔らかく走っていた。かなり強くなると思っていた」と当時を振り返る。
 中学時代も100メートルを中心に練習に励み、力を付けた。当時、西中の陸上部で上山選手を教えた園田直樹顧問は「よく頑張っていた。体が細かったけど、中学3年で伸びてきて、県で勝負できるようになった」と話す。高校は、強豪・県立宇治山田商業へ進学し……続きは本紙で