松武館4選手が全国切符 柔整師杯県少年柔道大会 小学4〜6年生238人出場

2018年5月14日(月) 20:00

柔道_4年男子・岡君

4年生男子決勝、同門対決で積極的に技を仕掛ける岡君

この写真を購入する →

写真No.2018514-5006-1

柔道_5年男子・田中君

5年生男子決勝、最後まで粘り強く攻め続けた田中君(右)

この写真を購入する →

写真No.2018514-5006-2

柔道_5年女子・坂山さん

5年生女子決勝、抑え込みに持ち込む坂山さん

この写真を購入する →

写真No.2018514-5006-3

柔道_6年女子・早川さん

6年生女子決勝、果敢に技を繰り出す早川さん=いずれも名張市の市武道交流館いきいきで

この写真を購入する →

写真No.2018514-5006-4

LINEで送る

 第24回柔整師杯県下少年柔道大会第5回柔整師杯県下少年柔道形競技会(三重県柔道整復師会主催)が13日、名張市の市武道交流館いきいきであり、松阪市武道館柔道教室(榊吉治代表)の岡煌陽君(港小・4年)、田中蒼人君(同・5年)、坂山凛さん(徳和小・同)、早川綾香さん(小俣小・6年)が全国大会(10月・東京)への出場を決めた。

 

 同大会は小学4〜6年生が対象で、238人が出場。男女学年別に6部門でトーナメント戦を実施した。▼4年生の男女優勝者による決定戦の勝者▼5年生男子の優勝者▼6年生同▼5年生女子優勝者と同男子2位の勝者▼6年生同ーーの計5人が全国大会への切符を手に入れる。各部門のベスト4までは東海大会(8月・岐阜県)への出場権を獲得する。
 小学4年生男子は51人が出場。ベスト4に松武館の選手が3人残る健闘を見せ、決勝は岡君と山科裕紀君(天白小)の同門……続きは本紙で