「49年前の全国制覇再現を」 三重高センバツ旗授与式

2018年3月8日(木) 20:00

選抜旗授与式

選抜出場への感謝と意気込みを述べる定本主将(真ん中)=久保町の三重高で

この写真を購入する →

写真No.2018308-4624-1

LINEで送る

 第90回記念選抜高校野球大会(3月23日〜4月4日、阪神甲子園球場)に出場する松阪市久保町の私立三重高校硬式野球部(小島紳監督)への選抜旗の授与式が7日午前11時半から同校であり、約千人の生徒に見守られながら、野球部員たちが意気込みを語った。
 選抜大会の開会式では、選抜旗を持って開会式に臨む。会場には同校と三重中学校の生徒や保護者らが駆け付け、昨年10月の東海大会の登録メンバー20人が新しいユニホーム姿で入場した。
 授与式では、大会主催の毎日新聞社の小泉敬太中部本社代表から中谷文弘校長に選抜旗が渡され、それを定本拓真主将(2年)が緊張した面持ちで受け取った。
 その後、和田健治県高校野球連盟会長が「全国でも有数の伝統校。(選抜で全国制覇した)49年前の再現を期待したいが、まずは1回戦突破を目指して頑張ってください」とエールを贈った。
 続けて、メンバーがまだ決まっていないため、小島監督が……続きは本紙で