揥水少年団が準優勝 伊勢市でダイムカップ学童軟式野球大会 UNファイターズは3位

2018年3月7日(水) 20:00

ダイムカップ揥水プレー久保君

JBC玉城との決勝戦7回、右中間への1点三塁打を放つ揥水・久保君

この写真を購入する →

写真No.2018307-4618-1

ダイムカップUNプレー白石君

玉城戦、スクイズを決めるUN・白石君

この写真を購入する →

写真No.2018307-4618-2

ダイムカップ揥水集合

準優勝の揥水の選手ら

この写真を購入する →

写真No.2018307-4618-3

ダイムカップUN集合

3位入賞のUNの選手ら=いずれも伊勢市のダイムスタジアム伊勢で

この写真を購入する →

写真No.2018307-4618-4

LINEで送る

 第4回ダイムカップ学童野球大会(㈱ダイム主催)の準決勝、決勝が3日、伊勢市のダイムスタジアム伊勢(倉田山公園野球場)であり、松阪地区のチームでは揥水野球少年団(澤聡監督)が準優勝、UNファイターズ(阪口智也監督)が3位入賞した。

 

 大会には、松阪地区からは揥水、UN、松尾ブルーウインズ(吉浦正典監督)の3チームの他、伊勢5、津3、鳥羽志摩3、尾鷲熊野2の各地区予選を勝ち抜いた計16チームが参加。トーナメント戦で優勝を争い、2月25日の1日目で4強が出そろった。
 揥水はこの日の準決勝で鳥羽第一スポーツ少年団(鳥羽志摩2位)に5ー0で快勝。決勝戦はJBC玉城(伊勢3位)と対戦し、点の取り合いとなったが、5ー8で敗れた。
 JBC玉城戦、2回表に先頭の4番・藤村明輝君(揥水小・5年)が右翼への三塁打で出塁。6番・山口奨大君(第四小・3年)が中翼へ犠飛を放ち先制した。その後、2ー6とされた5回、1死から……続きは本紙で