松ケ崎が市協会長杯制す サッカー小5以下大会 準優勝は明和

2018年2月9日(金) 20:00

市協会長杯・少年サッカー_プレー

決勝戦、チーム唯一の得点を挙げ、守備でも奮闘した松ケ崎・平山君(左)

この写真を購入する →

写真No.2018209-4467-1

市協会長杯・少年サッカーv松ケ崎

優勝を果たした松ケ崎の選手ら

この写真を購入する →

写真No.2018209-4467-2

市協会長杯・少年サッカー_準v明和

準優勝の明和の選手ら=いずれも高須町の高須グラウンドで

この写真を購入する →

写真No.2018209-4467-3

LINEで送る

 小学5年生以下の2017年度松阪市協会長杯(市サッカー協会少年部主催)の2日目が3日、松阪市高須町の高須グラウンドであり、松ケ崎FC(市原綾人監督)が優勝し、明和FC(市野博史監督)が準優勝だった。

 

 大会には同少年部から12チームが出場。1日目に3チームずつ4ブロックの予選リーグを行い、この日は各リーグ上位2チーム計8チームによる決勝トーナメントで、優勝を争った。
 決勝では、リーグ戦でも対戦した松ケ崎と明和が激突。リーグ戦では明和が勝利したが、決勝は松ケ崎が1ー0で雪辱を果たし、優勝を決めた。
 両チームともにシュート機会を持ちながら、なかなか得点につながらない状態が続く中で、松ケ崎はDF・纐纈なぎはさん(徳和小・5年)、MF・伊豆蔵一惺君(天白小・同)らディフェンス陣が決定的な……続きは本紙で