松阪BaBeが県で2位 小学生女子サッカーユース大会 来年2月の東海大会へ出場

2017年12月4日(月) 20:00

松阪Babeプレー

鈴鹿戦、相手ゴールに迫るプレーを見せたBaBe・田辺さん

この写真を購入する →

写真No.20171204-4096-1

松阪Babe集合

県2位となり、東海大会に出場するBaBeの選手=いずれも名張市のメイハンフィールドで

この写真を購入する →

写真No.20171204-4096-2

LINEで送る

 小学生女子サッカーの第29回東海女子ユースサッカー選手権大会県大会の順位決定戦が3日、名張市のメイハンフィールドであり、松阪BaBe(鈴木康太監督)が2位となり、上位2チームに与えられる東海大会(2月・静岡県)への出場権を獲得した。

 県大会には4チームが出場。11月12日と、12月3日の2日間で総当たり戦を行い順位を争った。BaBeは12日に2連勝で2位以上を決めて東海大会出場を決めていた。
 2勝チーム同士の対決となった鈴鹿グローリィとの試合では、勝てば1位で出場となったが、0ー2で敗れ、優勝は逃した。
 BaBeは、前半に相手のセットプレーから先制点を許し……続きは本紙で