全日本選手権で初優勝 水上バイクチーム「ベルファクトリー」 市内のメンバー中心に構成

2016年9月13日(火) 20:00

ベルファクトリー優勝

元会長の写真を手に初優勝を喜ぶメンバーら=大阪府貝塚市の二色の浜公園海浜緑地で

LINEで送る

 松阪市のメンバーを中心に構成する水上バイクチームBellFactory(=ベルファクトリー、浜口泰志会長、約80人)は、43チームがエントリーした本年度のJJSF全日本選手権シリーズで、初の全国総合優勝を果たした。10、11日に大阪府貝塚市の二色の浜公園海浜緑地であったシリーズ最終戦で決まった。
 同シリーズは水上バイク界では国内最高峰のレース。コース上で、排気量や水上バイクのタイプによる14クラス別で競い、シリーズ8戦の各クラスの合計ポイントで年間ランキングが決まる。
 同チームは毎年このレースに参加しており、昨年は初の全国総合3位に入賞。今年は優勝を目指して、出場ライダーを昨年の5人から8人に、出場クラスも7クラスから10クラスに増やし、総合で2000ポイント以上の獲得を目指してきた。ライダーは17〜56歳で、最年長の大黒田町の青木主計さん(56)を含む……続きは本紙で