天白がソフトで優勝 松子連球技大会 ソフトバレーはコイシロA

2016年9月2日(金) 20:00

松子連、ソフトボール

ソフトボールで積極的にバットを振って一生懸命なプレーを見せた機殿・中川さん=嬉野権現前町の市嬉野グラウンドで

この写真を購入する →

写真No.2016902-1500-1

松子連、ソフトバレー

世代を超えて協力し合い、プレーを楽しむファミリーバレーに出場した選手ら=嬉野堀之内町の豊地小で

この写真を購入する →

写真No.2016902-1500-2

LINEで送る

 松阪市子ども会連合会(三和晴夫会長)主催の2016年度松子連球技大会が8月27、28の両日、松阪市嬉野権現前町の市嬉野グラウンドなどであり、小学生を対象としたソフトボールとソフトバレー、大人と子供混同のファミリーバレーの部が行われた。ソフトボールでは天白スポーツ少年団(高本清人監督)、ソフトバレーではコイシロA(三和晴夫監督)、ファミリーバレーの部では松江スマイル(堀越紀代美代表)がそれぞれ優勝を果たした。
 
 同大会はソフトボール、ソフトバレーボールを通して、子供同士の親睦を図り、校区の異なる参加者との交流を通して子供の社会性を育むことを目的にして毎年開催している。
 ソフトボールには12チームが参加。A〜Cの3ブロックに分かれ、1位のチームと、2位チームの中で最も得失点差が上回っているチームが決勝トーナメントに上がった。
 Aブロック予選の第3試合では……続きは本紙で