三雲、男子団体を制す 県中学総体柔道

2022年8月1日(月) 20:13

男子団体決勝代表戦で優勝につながった抱き分かれを仕掛ける三雲・広瀬君(右)

男子団体決勝代表戦で優勝につながった抱き分かれを仕掛ける三雲・広瀬君(右)

この写真を購入する →

写真No.2022801-14947-1

男子団体で優勝した三雲の皆さん=いずれも亀山市の西野公園体育館で

男子団体で優勝した三雲の皆さん=いずれも亀山市の西野公園体育館で

この写真を購入する →

写真No.2022801-14947-2

LINEで送る

 本年度の県中学総合体育大会(県中学校体育連盟など主催)の陸上と駅伝以外の16種目が7月31日までに県内各地で行われた。柔道男子団体戦で三雲(西山怜佑監督)が全国出場を決めるなど多くの松阪地区の選手が活躍した。陸上は10月15、16日、駅伝は11月20日に行われる予定。

 柔道は7月27、28の両日に亀山市の西野公園体育館であり、男子団体で三雲(西山怜佑監督)が、男子個人の50㌔級で山科裕紀主将(三雲中・2年)、60㌔級で田中蒼人君(鎌田・3年)、66㌔級で広瀬瑠海君(三雲・2年)が、女子個人の52㌔級で床辺羽衣香さん(多気・1年)がそれぞれ優勝し、第53回全国中学校柔道大会(8月22~25日、福島県)と…………(続きは本紙で