三重と松阪商が8強入り 高校野球2022三重大会

2022年7月21日(木) 20:39

木本戦の2回、1死一、三塁から勝ち越しの右前適時打を放つ三重・高山捕手

木本戦の2回、1死一、三塁から勝ち越しの右前適時打を放つ三重・高山捕手

この写真を購入する →

写真No.2022721-14869-1

宇治山田商戦の9回、サヨナラ打を放った松阪商・小栁選手=伊勢市のダイムスタジアムで

宇治山田商戦の9回、サヨナラ打を放った松阪商・小栁選手=伊勢市のダイムスタジアムで

この写真を購入する →

写真No.2022721-14869-2

LINEで送る

 第104回全国高校野球選手権三重大会(県高野連など主催)は21日、松阪市立野町のドリームオーシャンスタジアム(県営松阪野球場)などで3回戦があり、第5シードの三重(沖田展男監督)は木本に8─3で勝利。松阪商業(北村祐斗監督)は同じく第5シードの宇治山田商業を相手に3─2でサヨナラ勝ちを収め、共にベスト8入りした。

 三重は初回に先制を許したが2回に逆転すると中盤以降も加点し、8―3で木本に勝利した。
 2回裏、1点を追う三重は2死一、二塁から8番・上山颯太投手(3年)の一塁ゴロが敵失を…………(続きは本紙で