徳和ジュニアが優勝 バレーボール オーシャン杯チャレンジ大会 松阪地区小5以下18チーム出場

2016年8月31日(水) 20:00

小学生バレー1

決勝戦、攻撃の中心となりストレートやクロスなどへ打ち分けた徳和・恒川さん

この写真を購入する →

写真No.2016831-1482-1

小学生バレー2

優勝を果たした徳和の選手ら=いずれも多気町兄国の相可小で

この写真を購入する →

写真No.2016831-1482-2

LINEで送る

 小学生バレーボールの2016(平成28)年度オーシャン杯チャレンジ大会(県小学生バレーボール連盟松阪支部主催)が28日、多気郡多気町兄国の相可小学校であり、徳和ジュニアバレーボールクラブ(林数馬監督)が優勝を果たした。
 
 同大会には、松阪地区の5年生以下で構成された18チームが出場。予選リーグ、決勝トーナメントで優勝を争った。
 徳和は決勝で松阪ジュニアバレーボールクラブ(谷里美監督)と対戦。レフト・恒川遥那さん(徳和小・5年)を中心に攻撃を仕掛け、セット数2ー0で勝利した。
 第1セット、徳和はセッター・間道紬さん(同・同)の好サーブから連続得点し7ー1とリード。恒川さんのクロスやストレートへの力強いアタックなどで点を重ね21ー11で奪った。第2セットはセンター・千葉南花さん(同・同)のサーブで崩し連続得点し序盤から……続きは本紙で