初参戦の豊中が制す 松阪市少年ソフトリーグ最終節

2022年6月20日(月) 20:12

220620少年ソフト豊中

大会初優勝の豊中SBCの選手ら

この写真を購入する →

写真No.2022620-14661-1

220620少年ソフト山室

準優勝した山室山ソフトボールクラブの選手ら

この写真を購入する →

写真No.2022620-14661-2

220620少年ソフト・プレー

松江との今季最終戦を2失点と力投した豊中・前川主将=いずれも嬉野権現前町の市嬉野グラウンドで

この写真を購入する →

写真No.2022620-14661-3

LINEで送る

 2022(令和4)年度松阪市少年ソフトボールリーグ戦(市少年ソフトボール連盟主催、夕刊三重新聞社など後援)は19日、松阪市嬉野権現前町の市嬉野グラウンドで最終日となる第3節があり、今季から参戦した豊中SBC(古野靖昌監督)が1年目で初優勝を成し遂げた。準優勝は山室山ソフトボールクラブ(小倉昌也監督)で、3位には松江エンジェルズ(奥田雅基監督)が入った。古野監督は「正直、勝てると思っていなかった」と短期間でのチーム力の向上に驚いた様子だった。
 
 今季の最終日の最終戦となる第4試合では豊中と松江の上位対決が実現。豊中は0─2で惜敗したが、通算5勝1敗、勝ち点15で3チームが並んだ激戦を、最後は総失点数で…………(
続きは本紙で