松阪勢は東部が準V ミニバスケットボール 夕刊三重杯松阪招待大会

2016年8月29日(月) 20:00

夕刊三重杯

決勝戦、立田の猛攻を懸命に防ぐ東部の森川主将(真ん中左)ら

この写真を購入する →

写真No.2016829-1465-1

夕刊三重杯1位

大会連覇を果たした立田の選手ら

この写真を購入する →

写真No.2016829-1465-2

夕刊三重杯2位

松阪勢最高となる準優勝の東部の選手ら

この写真を購入する →

写真No.2016829-1465-3

夕刊三重杯3位

大会3位に入った浜寺昭和の選手ら=いずれも立野町のさんぎんアリーナで

この写真を購入する →

写真No.2016829-1465-4

LINEで送る

 第13回松阪招待夕刊三重カップミニバスケットボール大会(松阪市バスケットボール協会、夕刊三重新聞社主催)が27、28の両日、立野町のさんぎんアリーナ(市総合体育館)であり、松阪勢では松阪東部mbc(中子弘之監督)が準優勝した。優勝は立田ミニバスケットボールクラブ(愛知県愛西市)で、昨年に続いて連覇を達成。3位には浜寺昭和PIRATES(堺市)が入った。
 
 大会には松阪地区7チームと、その他県内外から9チームの計16チームが参加。1日目に4ブロックに分かれた予選を行い、2日目は予選1位の4チームによるトーナメント戦を行った。予選2〜4位のチームは、松阪地区同士の対戦にならない形で交流試合をした。
 予選Aブロックに入った東部は、1日目の予選トーナメント1位決定戦で片田ミニバスケットボールクラブ(津市)と対戦。2年前の大会王者の片田に対して37ー36の1点差ゲームで勝利した。
 2日目は、準決勝で内部女子ミニバスケットボールクラブ(四日市市)に勝利して決勝へ。決勝は……詳しい結果は本紙で