多気が3年連続V 軟式野球 松阪地区中学選手権 決勝で井元投手が完封

2016年8月26日(金) 20:00

軟式野球中学選手権

決勝戦、打たせて取る投球で完封勝利した多気・井元投手

この写真を購入する →

写真No.2016826-1454-1

軟式野球中学選手権_集合

大会3連覇を達成した多気の選手ら=いずれも立野町の県営松阪野球場で

この写真を購入する →

写真No.2016826-1454-2

LINEで送る

 軟式野球の県営松阪野球場杯松阪地区中学校野球選手権大会(松阪地区野球専門部主催)が25日まで、松阪市立野町の同球場などであり、多気(谷泰文監督)が決勝で殿町(山田健太監督)に勝利して3年連続の優勝を果たした。
 
 大会は松阪地区の1、2年生チームが出場。3年生が引退して初の公式戦で、9、10月の中体連新人大会の前哨戦にも位置付けられる。昨年度から、「松阪野球場杯」として実施しており、県体育協会が指定管理者として運営する同球場が共催している。
 今年は松阪地区15校14チームが参加。20、21日に1、2回戦があり、25日に準決勝と決勝を行った。決勝戦、多気は堅い守りとそつの無い攻撃でリードし、3ー0で勝利した。
 多気は1回表、2死から3番・井元理駆投手(2年)が捕手への高いバウンドの内野安打で出塁。4番・谷村将汰君(同)も難しい……続きは本紙で