感染対策でタックル禁止 松工と津高OB 特別ルールでラグビーに汗

2022年5月17日(火) 20:32

220517ラグビー

体当たりなしのラグビーを楽しむ赤壁の選手たち=魚見町の市ラグビー場で

この写真を購入する →

写真No.2022517-14420-1

LINEで送る

 県立松阪工業高校ラグビー部OBチーム・赤壁ラグビーフットボールクラブ(橋本完夫代表)と、県立津高校OBチーム・有造クラブによる定期戦が15日午後0時半から、松阪市魚見町の市ラグビー場であり、35~80歳のラガーマン32人が、久しぶりの試合に汗を流した。

 OB同士のつながりを大切に守っていこうと毎年春と秋に行っている。感染症対策で接触せず、パスだけで試合を組み立てる特別ルールを設け、実施した。
 タックルをせずに、ボディタッチでボールを奪い、セットプレーもスクラムも組まず、股を通す後方へのパスで実施。15分を3セット行った。通常ルールより多く走…………(続きは本紙で