ヴェルデが昨季王者と対戦 フットサル 初参戦「3位以内」目指す 31日に東海リーグ開幕

2016年7月27日(水) 20:00

ヴェルデラッソ

東海1部リーグ開幕を前に、本番を想定した練習で激しく競り合うヴェルデラッソの選手ら=久保町のアスキーフットサルパーク松阪で

この写真を購入する →

写真No.2016727-1307-1

LINEで送る

 東海フットサルリーグ2016(東海サッカー協会、東海フットサル連盟主催)の1部リーグ戦が31日、伊賀市の県営ゆめドームうえので開幕する。今季、初の東海1部参入を果たしたヴェルデラッソ松阪(小久保武代表兼選手)の初戦は午後5時からで、昨季の東海王者の名古屋オーシャンズサテライトと対戦する。クラブ設立7年目でつかんだ東海1部の舞台に向け、「不安もあるが楽しみ」と小久保代表。選手たちは、リラックスしながらも本番を想定した練習で集中力を高め、開幕戦に備えている。
 
 1部リーグは東海4県の10チームが参戦。来年1月29日までの全9節で総当たり1回戦を行う。リーグの上位3チームは、全国大会の地域チャンピオンズリーグの出場権を得る。
 ヴェルデラッソは2010(平成22)年の設立。県リーグ2部、1部を経て昨シーズンは東海2部リーグに昇格した。2部リーグで3位に入り、今年2月の入れ替え戦に勝利して今季の東海1部昇格を決めた。
 東海2部参戦1年目で昇格を決め、チームは勢いに乗る。だが、不安要素もある。昨季の主力選手2人が、けがのため……続きは本紙で