明和FCが3年ぶり優勝 小学4年以下の松阪豆キッカー大会

2021年10月26日(火) 20:12

211026豆キッカー・プレー

松ケ崎との決勝戦、決勝点を放ちハットトリックを達成した明和の今津君

この写真を購入する →

写真No.20211026-12948-1

LINEで送る

 第27回辻井スポーツ杯松阪豆キッカーサッカー大会(U―10)(松阪市サッカー協会主催)が24日、山下町の市総合運動公園であり、明和FC(市野博史監督)が3年ぶりに優勝、松ケ崎FC(市原綾人監督)が準優勝した。両チームは第2回OKAYAカップ県U─10サッカー大会(12月12、19日、津市)に進む。
 大会は8チームが参戦し、トーナメント戦で優勝を争った。
 決勝戦は、明和が3―3の同点で折り返した後半に獲得した1点を守り切り、松ケ崎に4―3で勝った。
 明和は前半1分、FW・今津漣巴君(明星小・4年)が放ったパスをゴール右側で受けた同・熊野桜大君(上御糸小・3年)がドリブルシュートを放ち先制。その後、一進一退の好ゲームを展開する中、2─3で…………(続きは本紙で