第5節は13試合実施 サッカー Uー12三重松阪ブロック

2016年7月11日(月) 20:00

少年サッカー

ペガサス戦、ドリブルを仕掛けて前線に積極的にボールを供給した徳和・角谷君(左)=山下町の市総合運動公園で

この写真を購入する →

写真No.2016711-1219-1

LINEで送る

 2016年度こくみん共催Uー12サッカーIN三重松阪ブロック(松阪市サッカー協会少年部主催、夕刊三重新聞社後援)の第5節が10日、山下町の市総合運動公園であり13試合が行われた。
 リーグには13チームが参加。10月まで総当たり戦を行い順位を決める。第3節まではフレンドシップとして行い、前節から順位に関わる公式戦としてスタートした。
 この日行われたBコート第2試合では徳和サッカー少年団(岡林稔浩監督)とFCペガサス(刀根幸朗監督)が対戦。3ー2で徳和が接戦を物にした。
 徳和は、1ー2で迎えた前半15分、FW・大西海利君(徳和小・6年)がゴール前でボールを受けシュート。これがゴールとなり2ー2で前半を折り返した。後半は……続きは本紙で